2010年12月17日

古民家で南陽市の野菜をオシャレに食べる「irodori」

irodori


「東京のほうで地産地消イベントとか人気なのに、なんで南陽にはねえんだべ」

ということで始まったのがこのirodoriプロジェクト。

難しい話はおいといて、若い人が集まって地元の食材を使って
料理やドリンクを作って食事しました。

古い民家を貸し切り、壁には映画を投影、
食事のメニューは、

【本日のメニュー】
・山形野菜のサラダ - ラ・フランスドレッシングで -
・山形野菜のポトフ 田舎風
・ハンバーグ - ラ・フランスソースで -
・サフランライス
・山形デザート
 ・ラ・フランスのババロア
 ・ラ・フランスのコンポート
  - バニラアイス添え -

という強力メニュー。

デザイナーの島津氏と、綺麗な奥さんの君子氏が料理し、
そば職人の◯◯氏と、料理人の加藤ケンゴ氏のアドバイスを受けて
完成した料理たちです!

ちなみにラ・フランスは自分の南陽市の実家のもの。


さらにドリンクは、、、

・生カルアミルク
 南陽市内の酪農家、後藤トシヒロ君から生牛乳を仕入れて
 カルーアリキュールとブレンドした至極の一品です。
 
・生ラ・フランス・ミモザ
 南陽市の実家のラ・フランスジュースを使ったカクテルです。
 ミモザと言えばスパークリングワインとオレンジジュースですが、
 ここでは代わりにラ・フランスジュースで作ります。
 オレンジを超える甘いラ・フランスジュースには、辛口のスパークリングワインが
 びったり合います。女性に一番人気のカクテルでした。
 
・生ジン・アップル
 これも南陽市の実家のりんごジュースを使ったカクテルです。
 りんごの香りを消さずに引き立てるには、ジンの爽やかな香りを付加してあげるのが
 一番です。りんごはカクテルでは主役になりずらいですが、きちんと表舞台に立たせて
 あげることのできるカクテルです。

・生ハイボール
 なんと、実家の井戸水に炭酸を注入してソーダにして作ったハイボールです!
 ソーダサイフォンという特殊な機器を使って作ります。
 これがすごくぴったり。
 自分のベースウォーターですから(造語)、身体になじまないわけがない。
 客観的に見ても、味わいとまろやかさが調和が取れていて飲みやすい
 ハイボールなのです。


写真はこちら。


南陽市赤湯にある結城豊太郎記念館。

普段は普通の古民家。

縁側もついてます。庭も良い。

こちらがお昼の庭。

カフェへのカスタマイズ!まずはライトから。

ま、とりあえず乾杯を。

地元の野菜で野菜スティックを。ソースがラ・フランスで作ってある。かなり美味。

みんなで食べる。いつも食べてる野菜なんだけど、ちょっと雰囲気が違うのでうまい。

バーカウンター。なかなかいい感じに仕上がった。

バーテン役で立ってます。結構売れ行き良かったのでここで開業したいです。

地元野菜のポトフ!優しい味!雰囲気にぴったりだわ!

メニューもカフェバーぽく。

美味しい〜♥とのこと。

楽しくお話しながら食べました。

この日はローマの休日を流しました。

パソコンとプロジェクターとオーディオは持ち込み。

外では料理班が調理中。

ドリンクも人気でした。

ビールは氷に入れて。ソーダサイフォンで炭酸を作ったのです。

〆はデザート。かなり最強でした。

実家の井戸水で作ったハイボール。これはブランド化できるレベルに美味しかった。




今回は第0回ということで、知り合いだけ呼んで企画したのですが、
意外にも20名を超える方が参加してくださいました。

これからもとにかく1フード、1ドリンクにこだわって企画していきたいと
思っています。

次回は2月あたりを予定!
ご興味ある方はコメントを残してくださいませ。


Posted by 南陽市よりminoru at 12:45│Comments(3)
この記事へのコメント
意外にも20名を超える方が参加してくださいました。
Posted by north face outlet at 2011年11月06日 10:04
いろんな方が見てるもんなんですね〜。
またぜひ食べに行かせていただきます!
Posted by north face coats at 2011年11月06日 10:06
中国では、最近になって始めた国内の喫茶店チェーンの豊富さは、コーヒー価格が、目立つ消費のためのビジネスの人々を収容した見られることがあり、時々西のよりも高くなっています。
Posted by essay writing services at 2013年07月17日 19:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

あなたの四つの選択

First, Remmenber Yamagata »

壱 - まずは山形を思い出す。

どこにいても、
山形を「思い出す」ことはできる!
しかも無料。

山形を思い出す人気記事

SECOND, BACK TO YAMAGATA »

弐 - 山形に帰省してみる。

とりあえず、
帰省の回数増やしてみっぺ。
なんか、山形がいいところな気がしてくるはず。

Did Things Get Ugly?

THIRD, PUBLISH YAMAGATA »

参 - 山形を宣伝する。

なぜ山形を宣伝するのか?
それは、
楽しいし、誰もとがめないからです。

What’s Hot/What’s Not

FOURTH, IMAGINE LIVED IN YAMAGATA »

四 - 山形に住むことを考えてみる。

仮に・・・仮に、
山形に住むとしたら。
を考えてみる。

四 - 山形に住むことを考えてみる。